2018金融タイムス2月5日号
2018/2/5号
アパートローン、貸しにくく
-「バーゼルⅢ」最終合意
 バーゼル委は新銀行資本規制「バーゼルⅢ」の見直しが終了したと、昨年12月発表した。2022年~2027年の5年間で段階的に実施される。内部モデル手法によるリスクアセットの算出に一定の網がかかる、一部アパートローンへのリスクウェイトが引き上げなど、リスク計測がより精緻化されるのが特徴。一部メガバンクにとってはハードルが上がるものの、大規模増資に迫られることはないと見られている。同規制は国際行を対象としたものだが、国内行の規制にも後に影響を及ぼすため、内容を見ていこう。






コインチェックに業務改善命令


銀行、信金に「人材紹介」促す
-金融庁が監督指針改正案


関東財務局 つみたてNISAを解説
資産形成シンポで




東京財務事務所 東京の島 活性化



長野県信協、県弁護士会 中小支援で協定
-事業承継などサポート




大阪信金 加美支店新築移転



東京東信金 ロープレ大会 職員熱演



鹿児島相互信金 帰郷すれば奨学金ゼロ 




大阪信金 環農水研と包括連携



京都信金、京都中央信金、京都北都信金 亀岡市などと新電力




大阪シティ信金 「クロカン大会」協賛




尼崎信金 日本一で5・5億円
-タイガース定期20周年




鹿児島相互信金、萩山口信金 薩長同盟で食イベント




城北信金 バリュープレスと提携




岐阜信金「取引先の新入社員」向け研修




青梅信金 営業推進部内にコンサル課新設




郵政民営化委 今春メドに意見書




多摩信金 町田支店3月グランドオープン






                  
新聞購読のご案内新聞購読のご案内 読みもの 出版のご案内出版のご案内 検索